2011年12月20日

有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所 代表取締役 飯田吉秋さん

人のために愛のあるデザイン 有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所 代表取締役 飯田吉秋さん

有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所
ペットボトルやコップにつけると倒れてもこぼれないのに、蓋をしたまま飲むことができる不思議なシリコンキャップKissシリーズを製造・販売している有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所。デザイン事務所である同社が、製造・販売を行っているには訳がある。「今まで、自分が手がけてきたデザインやものづくり支援が正しかったかが、60歳を過ぎた頃から気になりだし、それを確認するために、自ら製品を企画し、開発から製造・販売まで手がけることにしました。」と代表取締役の飯田氏。

「父が脳梗塞で倒れ、手に震えや麻痺が残りました。すると、コップに入った水を飲もうとしても倒して飲めないから飲まなくなり、水分不足が原因で体調を崩しました。老いると、人は唾液が出にくくなり、乾きも感じにくくなるのでこまめに水分を取る必要があると医師に教えられました」。そこで、デザイナーとして何かできることはないかと考え、生まれたのがKissだ。その開発を支えたのは、デザイナーとしての経験だけではなく、素材選び、加工やCADに対する知識だ。飯田氏には、それら知識をまとめた著書があるほどだ。

販売を始める前に、国際福祉機器展に出展をすると予定していたサンプルが午前中になくなり、2009年1月10日、ネット販売を開始すると3日間で1800個を売り上げるほど大盛況だった。「こういう商品が欲しかった、という暖かい言葉やKissを作ることで実際に困っている人に目を向けることができました。」と飯田氏は語る。

有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所
実は、1回目の挑戦は失敗したそうだ。そして、2回目が成功したKissシリーズ。そして、3回目に誕生したのが知育玩具のnocilisだ。夜、階下に迷惑だからとがちゃがちゃと音がなる積み木などで遊ぶことができない孫を見て、静かに遊べて場所も選ばず、口に入れても安全な玩具を考え開発した。くるっとひっくり返すと形が変わる不思議な玩具は、子どもの豊かな発想で蝶の形をおさえるといも虫になったりもする。触り心地も良く、ポケットに忍ばせてイライラすると触って心を落ち着かせる方もいるそうだ。このシリコンをつかった新感覚知育玩具のnocilisは国際的なデザイン賞なども受賞し、同社は10年で世界No.1を目指している。
「今後も企業のためにだけではなく、デザインの基本である人のために、人が笑顔になれるようなデザインや製品を作っていきたいですね」。

■ 会社概要
【会社名】有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所
【設立】昭和60年7月
【所在地】

〒570-0021

大阪府守口市八雲東町2丁目82-21-705号

【連絡先】06-6909-5095
■ 詳しい情報はホームページにてご覧いただけます。



posted by ファイコム at 10:46| キジコネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

株式会社GNC 代表取締役社長 濱口卓三さん

日本の製造現場の構造を変える! 株式会社GNC 代表取締役社長 濱口卓三さん

株式会社GNC
日本の製造業ではかかせない存在であるネジ。あらゆる工業製品、または製造するための金型機械などでは必ずネジを締めつける行為は必要とされます。ただ、多くの作業現場では締め付け度合いを経験や勘に頼っており、作業員の技や力による部分とされることが多いのが現状である。そんな不均一な締め付ける力を「軸力管理」という名で数値管理することに成功した国内唯一の企業が株式会社GNCである。

同社の取り扱うハイトルクツールは特殊鋼に耐摩耗処理を施したネジ山のつぶれないボルトに、従来の1/2の力で締め付けることができ、1/3の力で緩めることができるナット。さらには適正な軸力でカチッと音が鳴るハイトルク専用レンチと他社にはない付加価値の高い製品を取り扱っている。

株式会社GNC
「今までは金型をボルトで締め付けるのにはパワーもいる仕事というイメージが強いのですが、摩擦抵抗力を低くしてボルトを引っ張ることができる弊社の製品では、力の弱い女性や高齢者でも作業をすることが可能になり、人件費削減にもつながります」と代表取締役社長 濱口氏は語る。また軸力管理で締め付けの弱い部分がなくなることで、安全性の強化にもつながると言う。さらには巨大な金型に使用される従来の油圧クランプの1/10で導入できるワンタッチクランプと簡単に締め付け可能なコードレスインパクトレンチは経営革新計画として承認され、本格的な販売化も決まっている。

「まずはユーザーにテストしてもらい、軸力管理という考え、知識を広めていく必要がありますね。誰が作業をしても締め付けた状態が同じになるように標準化され、日本の製造現場の構造を変えていけたらいいですね」と濱口氏。同氏の強い想いが、日本のものづくりの生産性を引き上げる力となる日も夢ではない。

■ 会社概要
【会社名】株式会社GNC
【設立】平成18年3月6日
【所在地】

〒564-0043

大阪府吹田市南吹田5丁目24-15

【連絡先】06-6338-8260
■ 詳しい情報はホームページにてご覧いただけます。

posted by ファイコム at 15:19| キジコネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

日本化線株式会社 代表取締役 社長 笠野輝男さん

遊び方の提案から新しい市場を作る。 日本化線株式会社 代表取締役 社長 笠野輝男さん

日本化線株式会社
合成樹脂を被覆した金属線製品を製造・販売し、道路や工場で使用される立入防止柵及び電設資材、包装資材、園芸、雑貨などの生産財からカラーワイヤークラフト用の消費財を扱う日本化線株式会社。現在は景気に左右されやすい生産財の取扱量を減らし、消費財分野の市場を獲得することに成功。ホビー用のカラーワイヤーは市場シェア90%と非常に高い割合を占め、同製品を専門に扱う国内唯一の企業である。

日本化線株式会社
中でも同社が飛躍したキッカケが色とりどりのカラーワイヤーを曲げ、デザイン・アートとして造形を楽しむカラーワイヤークラフト。その素材として自社開発したカラーバリエーションが豊富で柔らかく造形しやすい「自遊自在」、さらに作り手の要望から生まれたマット調で硬めの「頑固自在」。この2種のカラーワイヤーがヒット商品になった。「ただ材料としてカラーワイヤーを販売するだけではなく、東急ハンズや手芸店、ホームセンターなどでデモ販売やワークショップを行うなど、幅広く作り方や楽しみ方を普及させる活動に専念していきました。」と代表取締役 社長 笠野氏は話す。さらにはデザイナーや愛好家の作品と作り方までも紹介するレシピbookを自社で作成してしまうまでの徹底ぶり。当初はほとんど認知度のないカラーワイヤークラフトを遊び方の提案から地道に浸透させ、新しい市場を掘り起こしたと言えるだろう。

今後はもっと認知度を広めるために、カラーワイヤークラフトのマイスター養成講座の定期開催や、取引先に対しても講習会や教室を開き、指導ができる人材を育成していくことにも力を入れていく。「今は“教販”をやっていかないと物が売れない時代になっています。自給自足の精神でこれからも積極的に展開していき、社員に対しては趣味と実益を兼ねた環境づくりを大切にしています。」と同氏は話す。ご自身も昔から木を削ったソリッドモデルを作ったり、ラジコンを組み立たりとモノづくりへの愛着は深く、その想いこそが新しい市場開拓の原動力でもある。

■ 会社概要
【会社名】日本化線株式会社
【設立】昭和23年4月
【所在地】

〒577-0067

大阪府東大阪市高井田西3丁目9番25号

【連絡先】06-6783-2366
■ 詳しい情報はホームページにてご覧いただけます。

posted by ファイコム at 11:33| キジコネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。