2012年02月13日

株式会社タイタン・アート 代表取締役 米原太一さん

自社ブランドでアイデアを発信 株式会社タイタン・アート 代表取締役 米原太一さん

株式会社タイタン・アート
「人の心をゆさぶる何か」をコンセプトに広告や販促物のグラフィックデザインを手がけ、中でもディスプレイ、什器などの立体物を得意とする株式会社タイタン・アート。
起業前に代表の米原氏がレコード店の販促、店頭ディスプレイを制作する会社に勤務していた経験もあり、また、過去には同氏の手がけた米国で発売された宇多田ヒカルの店頭ディスプレイが賞賛を受けるなどの実績を持つ。そんな同社は数ある競合に打ち勝つため、新しい取り組みにチェレンジしている。創業からの6年で蓄積されたデザインのアイデアをもっと自ら発信していきたい想いから自社デザインブランド「JAPAN Modern Collection」を立ち上げた。完全オリジナルのインテリア、雑貨を企画開発、販売までを全て自社で行い、主にネットショップをメインに展開し、好評を得ている。

株式会社タイタン・アート
「グラフィックデザインに携わる立場としては、他にはないとがったものを作りたい気持ちで始めました。ユニークで“部屋の中に1点だけおもしろいものを置くならこれ”と感じる商品を考えて作っていますね。」と同氏は話してくれた。
傘を「立てる」から「かける」という発想で作られた「KA・SA・KA・KE」や、数字が雑然として時間からの縛りを解放してくれそうなインテリアクロック「Cluttered Time」は中でも人気のある商品である。(その他商品はwebサイトでご覧いただけます。http://www.jam-collection.com/)商品開発はスタッフ全員で定期的にミーティングを開き、自由な発想でアイデアを出し合うことで生まれることが多いという。
また自社ブランドの立ち上げは、本業でもプラスの効果をもたらしているようだ。
「今までグラフィックデザインでお付き合いしているお客様からも好評で、何かおもしろいことをやっている会社だと応援していただいています。また普段のデザイン業務とは違い、自社で製造・販売も行うことで、お客様がメーカーとして苦労されている立場がよくわかるようになりました。」と同氏。今では他社にはない強みとして自負できるまでに成長している。

今後は自社ブランドの売上が全体の半分ぐらいまでを占めるまで伸ばしていき、海外展開も視野に入れている。そんな同氏の今後の目標を聞いてみると「ただ組織を大きくすることは目指さず、その時代に対応できる継続してずっと潰れない会社を作ることが目標です。意外と低い目標だと思われますが...潰れないためにはどうするか考えると継続したお仕事が必要であったり、新規案件をどう増やしていくかなど、会社としての基本的な考えがそこにあるんですね。」と話す。謙虚な姿勢でありながらも、そこには経営者としての強い信念が感じられた。


■ 会社概要
【会社名】株式会社タイタン・アート
【設立】2006年5月
【所在地】

〒542-0081

大阪市中央区南船場2-4-19・2F

【連絡先】06-6170-2501
■ 詳しい情報はホームページにてご覧いただけます。



posted by ファイコム at 19:31| キジコネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

サーバーは人がまもっている。 カゴヤ・ジャパン株式会社 セールスグループセールスチーム 山田直哉さん

大サーバーは人がまもっている。 カゴヤ・ジャパン株式会社 セールスグループセールスチーム 山田直哉さん

カゴヤジャパンという社名を聞いてどのような会社を皆さんはイメージされるだろうか?カゴヤ・ジャパン株式会社は京都に本社を構えるレンタルサーバー・ホスティングを中心としたサービスを提供する会社だ。

サーバーなのに「カゴヤ」?とお思いの方も多いだろう。その名前の由来について少し触れておこう。
その歴史は古く1926年、名のとおり茶摘籠販売店として京都で開業。当時はまだ屋号がなかったが、顧客から「カゴヤさん」と呼ばれていたのがカゴヤ・ジャパンの始まり。その後、様々な顧客のニーズに応えるカタチで、1998年に地域プロバイダーサービスを経て、現在のホスティング事業、データセンター事業へとサービスを拡大してきた。
「レンタルサーバー・ホスティングを提供されている企業は多くあると思いますが、私たちは2つの強みを活かして、お客様にご安心いただけるサービスをご提供しています。」とセールスグループ山田氏は言う。

カゴヤ・ジャパン株式会社
「ひとつ目の強みは、なんと言ってもデータセンターを全て自社で維持管理している点です。」
左の写真がそのデータセンター。
高台に建てられたこのデータセンターは、耐震、免震構造、自家発電機能を備えており天災リスクも回避できる堅牢さを誇っている。普段利用者が目にする機会は少ないが、そのデザインにも同社の自信とこだわりが感じられる。
もちろんこのデータセンターでは専任技術者が24時間365日常駐監視を行っている。
「お客様の大切なデータをお預かりするのですから、堅牢な施設・設備、万全の管理体制は当然のことですが、自社でこれらを管理していますので、設備、環境に関する制限を受けることなく我々のサービスを提供、開発することが可能となっています。」

カゴヤ・ジャパン株式会社
「もうひとつの強みは我々営業担当がお客様をフォローする体制です。」当然の事では?と思う方もいるかもしれないが、レンタルサーバー・ホスティングサービスの契約、提供のやり取りについてはWEBサイトからの申込み、メールによる対応が中心になる場合が多い。
「もちろんWEBサイトからお申込み、ご契約いただくケースも多いのですが、ご要望を頂いた際には我々営業担当がお伺いし、ご説明をさせていただく体制をとっています。」
担当者による最適なプランの提案、何よりも直接顔を会わせる安心感、利用者にとって営業担当のフォローによる恩恵は大きい。

そんなカゴヤが今、力を入れているのがクラウドサービスだ。現在「カゴヤ・クラウド/VPS」というサービスを提供している。高速のデータ転送速度、高いセキュリティ、豊富なアプリケーション、手頃なコストと魅力ある内容となっている。詳細はカゴヤ・ジャパンサービスサイトをご確認いただきたい。


■ 会社概要
【会社名】カゴヤ・ジャパン株式会社
【設立】1926年1月
【所在地】

〒604-8166

京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 烏丸ビル8F

【連絡先】075-252-9355
■ 詳しい情報はホームページにてご覧いただけます。

posted by ファイコム at 10:51| キジコネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。