2011年04月28日

大東プレス工業株式会社 代表取締役 吉田夛佳志さん

たゆまぬ技術開発で、お客様のニーズをつかんだご提案 代表取締役 吉田夛佳志さん

電動ミラー
昭和20年代から今日に至るまで、車両用ミラーの専門メーカーとして、業務用車両(トラック・バス・建設機械・産業機械)向けの各種バックミラー及び周辺装置を、企画・開発・設計・製作・販売しているのが、大東プレス工業株式会社だ。同社のミラーは大手カーメーカーやバスメーカー、建機メーカーに納入され、ほとんどの業務用車両で同社のバックミラーが採用されている。なかでも路線バスでの同社のバックミラー装着は99%のシェアを誇っている。



そのシェアを支えている理由のひとつが、アイデアあふれる製品。そのなかでも、趣味のラジコン飛行機の姿勢を制御するサーボモーターから発想を得て開発された『電動ミラー』はアイデアが光る製品だ。「普通のバックミラーの場合、ケース内でミラー部分が上下左右に動くため、ミラーはケースの範囲を超えることができず、可動に制限ができ視野が狭まりますが、この『電動ミラー』は、ステー(バックミラーを支える軸)部分にモーターを組み込むことで、ケース自体が回転できるため、ケース内の大きさに影響されずに可動でき、視野が格段に広がります。その特性を活かして車のバックミラーだけでなくヘリコプターで、資材を運ぶ時に運転席から見るミラーとしても活躍しています。」と代表取締役の吉田氏。他にも、例えば路線バス走行時にバックミラーが割れても、ミラー部分のガラスが飛び散らず下に落ちないため、割れたままでも後ろを確認することができ、車庫までの走行を可能にする『シャドーコートミラー』や、雨天時に水滴がミラーについても超親水の力によって、水がミラーに馴染んで膜になるので、いくら水をかけても水滴にならず後ろが見えやすくなる『レイニーミラー』など特長のある製品が多い。

「中小企業が生きぬくためには、パテント(特許)をとることと、売り上げを1社に頼りすぎないことを先代の父親に教えこまれました。」その教えを守り、先に紹介した製品も全てパテントを取得している。

大東プレス工業株式会社
「よそが気づかない新しいもの」を常に考え、お客様に提案しつづける同社の次のキーワードは、「軽薄短小」と次世代のバックミラー「テレビカメラシステム」だ。「軽薄短小」は、バックミラー1.5kgを1kgに、1kgを500gにするという様に、素材などの工夫で軽くしていくこと。軽くすることで車全体の燃費がよくなり、環境問題に対応した製品にもなる。「テレビカメラシステム」は近い未来にバックミラーが「テレビカメラシステム」に変わっていくことを見越して、既に取引があるドイツの老舗ミラー会社との提携を進めている。技術的な革新をこれからますます進め、お客様が要望される前に提案をするためにも、惜しみない技術開発で、さらに数多くのパテントを取得していく。

■ 会社概要
【会社名】大東プレス工業株式会社
【設立】1937年6月
【所在地】

〒538-0052

大阪市鶴見区横堤4丁目1-31

【連絡先】06-6911-5435
■ 詳しい情報はホームページにてご覧いただけます。

posted by ファイコム at 14:35| キジコネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。